小学生の学習教材とは

小学生の学習教材とは

『小学生の家庭学習の実態』

家庭での学習習慣について、皆さんのお子様は勉強に取り組む習慣が付いていますか?ある大手通信教育会社が行った学習習慣の調査によると、「塾が無い日は家で勉強を何時間していますか?」と言う問いに対して次の様な結果が挙げられています。
 
  • 【学年別:1年生~6年生対象 家庭学習時間】
●1年生⇨45分~1時間
全体の8割以上の子供が1時間未満の学習に取り組んでいました。
●2、3年生30分~45分が大半を占めていました。
         他に少数1時間以上行っている子もいました。
●4年生15分~30分
        30分~45分
        45分~1時間
        1時間半以上    これらの区切り時間に対しほぼ同等な割合を占めていました。
●5、6年生大体およそ半数が1時間未満
                   全体の1割が2時間以上
小学生低学年~高学年までの全体を見ると、低学年の時期に比べて家庭学習の時間量は多くなっています。どの学年でも、数%程しか勉強をほぼしていない子供はいなかったそうです。 
また、別の違う大手通信教育会社が行った、家庭での子供の学習調査によると、中学年~高学年では以下の様な結果が挙げられていました。 
  • 【中学年~高学年:4年生~6年生 家庭学習時間】
平日:45分~1時間程度 こちらが大半を占めていました。
また、あまり勉強をしない子供は、全体の約10%以下と言う結果でした。
これらを家庭学習の学習時間の目安である「学年×15分」を参考に見てみると、低学年では目安に大体到達しており、4・5年生でおよそ5割程度、6年生でおよそ7割程度が到達していました。

『どのように勉強に取り組んでいるか』

基本的に家庭学習と言うのは、学校で出された宿題意外に勉強に取り組む、通信教育や問題集等を活用して自ら勉強に取り組む、この様な行いの事を指しています。大手通信教育会社「ポピー」が行った調査によると、調査対象者の子供およそ20%は通信教育を家庭で取り組んでいると言う結果が挙げられています。
小学生における家庭学習の時間を考えた時、例えば学校から出された宿題に費やされる時間が大体30分位だった場合、まだ年齢が低い小学校の低学年頃までは家庭学習の中心になるのが学校の宿題であり、高学年に上がってくると学校の宿題の他に家庭で学習に取り組んでいると言う実態がある様です。
各家庭によって、自分の子供にはどんな学習教材を利用して勉強に取り組んでいってもらおうか、自分の子供に合っている学習教材をしっかり見定めて、勉強する事にやる気をもって日々勉強出来る環境を親は整えてあげる事が大事になります。

小学生の家庭学習教材