近年注目されている水素水の効果と製法の違いについて

水素水は水素分子や水素イオンが高濃度に含まれた水です。活性酸素を除去する効果があるとされていて、健康や美容に良いと考えられています。様々な方法で生成することができるため、自分に合った方法で取り入れていくことが可能です。近年美容や健康に良いとして注目されているのが、水素分子や水素イオンが高濃度で含まれた水である水素水です。健康に良いと注目はされていますが、公的な定義や含有量の明確な基準はないのが現状となっています。それなのに何故注目されていてどんな効果があるのか、どんな製法があるのかなどを知っておくと自分に合ったものが見つけやすくなります。

何故水素が体の良いのと言われているのか

水素水

水素水が注目される理由は、活性酸素を除去するためと言われています。活性酸素とは、体内でエネルギーを生成する時に作られる酸素分子です。呼吸して酸素を取り入れると、その酸素の一部は活性酸素となって、本来であれば体の中に入ってくるウイルスや細菌を退治して体を守る働きがあります。しかし、紫外線に当たり続ける、精神的なストレス、生活習慣の乱れや喫煙などの習慣で活性酸素は過剰に作られてしまいます。本来なら体を守る働きをする活性酸素ですが、過剰に作られた分は自分の細胞を攻撃してしまい、細胞を酸化させます。このような状態が、アレルギーや生活習慣病、がんや老化によるシミ・シワなどの原因になるとされています。

活性酸素を除去できる抗酸化作用のある成分はたくさんあるため、サプリメントなどで摂取することができます。しかし、サプリメントなどは長期的に摂取することで効果を発揮します。対して水素水であれば、気軽に摂取することができ、サプリメントよりも効率的に活性酸素を除去できるとして注目されているのです。ただし、水素水はメーカーによって配合されている成分や水素の含有量などが大きく違ってきます。それに気をつけて摂取することが重要だと言われています。

水素水が活性酸素を除去する仕組み

水素水

水素水が活性酸素に効果的な仕組みとしては、水素水に含まれる水素が活性酸素に結びつく働きのためだとされています。小さな水素の分子が体の隅々まで行き渡り、活性酸素に結合することで簡単に除去できるようになります。活性酸素が細胞に攻撃する前に除去できることで、根本的に病気や老化を防ぐことができるようになっています。活性酸素と水素は結びつくと無害な水になります。サプリメントで抗酸化作用のある成分を摂取するよりも早く効果を出すことができ、水に代わった活性酸素は汗や尿として排出されます。活性酸素と結びつかなかった水素は呼吸と共に出ていくため、体には無害なのも人気の理由です。

水素の分子は小さいため、血管だけではなく様々な部分にも運ばれます。脳・筋肉・骨・子宮・睾丸・末端の毛細血管など様々な部分に運ぶことができ、活性酸素を除去します。体を攻撃する活性酸素だけを除去して、ウイルスなどを退治する活性酸素は攻撃しないというのも特徴です。抗酸化作用があるとして人気のビタミンCの176倍の抗酸化力があると言われていて、抗炎症作用や子アレルギー作用なども期待できます。直接的な病気を治すことは難しいですが、間接的には病気を防ぐ、アンチエイジングなどにも役立ちます。

水素水の健康・美容への効果とは

水素水

具体的な水素水の効果としては、特に血管へ効果が期待できます。動脈硬化・脳卒中・高血圧などの原因となってしまう酸化脂質は、脂質の脂肪酸が活性酸素によって酸化してしまった状態です。酸化すると血液がドロドロになってしまい、血管が詰まりやすくなってしまいます。水素水で活性酸素を除去することで血液の循環が良くなり、動脈硬化などの病気を予防することに繋がります。脳の活性酸素を除去することで頭をすっきりさせることができ、記憶力・学習力・集中力のアップが期待できます。認知症の予防などにもつながる可能性があるとして、近年研究もされています。

アレルギーなども活性酸素が原因の一つですので、除去することで予防や症状の緩和効果が得られます。血液の流れが良くなることで、新陳代謝が良くなります。ダイエット効果を得られやすくなるほか、運動前後に飲むことで乳酸値を抑えることができ、パフォーマンスも良くなります。シミやシワの原因にもなる活性酸素を除去することで、美肌を作ることもできます。飲むだけではなく肌に塗ることでもシミの原因であるメラニンの生成を抑えられるとされていて、他にもコラーゲンの生成を促して肌を綺麗にします。

水素水を取り入れるための方法とは

水素水

水素水を取り入れる方法としては、水素水サーバーや携帯用ボトルタンブラータイプ、水素発生剤を使った方法など様々な方法があります。気軽に試してみたいという場合には、アルミパウチ入りの水素水を試してみることがおすすめです。アルミパウチは、高濃度水素を溶かし込んでいてサイズや値段も手頃ですので、とりあえず始めてみたいという人に向いています。水素はすぐに抜けてしまいやすいという性質があるため、アルミパウチは4〜5層になったものが一般的です。工場でボトリングされているため、衛生的で自分で作る必要がなく手軽に摂取できます。

良質な天然水を使っていることが多く、ミネラルやシリカなども含まれています。飲み口がついているタイプもあって、外でも簡単に飲めるというのも便利です。ただし、アルミパウチであっても水素が抜けやすいため、開けたら一回で飲み切ることが理想的だとされています。長期的に保存すると水素が抜けてしまうという点にも注意します。コストが高くなってしまうというのもデメリットと言えます。このようなデメリットを考えた時には、自宅で生成機器を使って水素水を作るという選択もあります。水素水生成機器には色々な種類があります。

自宅で水素水を作る方法について

水素水

自宅で水素水を作る方法は様々なものがあります。毎日しっかり水素水を摂取したいという人に人気なのがサーバーです。家庭用のものが近年ではたくさん販売されています。水素水を作るだけではなく、ウォーターサーバーとしての機能も得られます。浄水器タイプは、水道水を水素水に変えるタイプのものです。浄水器としても役立ち、水道水を水素水に変えられるため、洗顔などにも使えて内側だけではなく外側からのケアにも効果的となっています。

ただし、このタイプは還元水素水と呼ばれるものも多いため注意します。電気分解で水素を作るアルカリ性の水素水で、今流行っている水素水とは異なるものになります。持ち運びたいなら携帯ボトルタイプまたは、スティックタイプのものが向きます。携帯ボトルタイプは充電またはUSBを使って生成します。スイッチを入れて5分ほどで作ることができ、出来立てのものを飲むことができます。濃度も安定しているというのも嬉しいポイントです。スティックタイプは、水と一緒に入れておくだけで水素水を作れるというアイテムで、他に方法に比べると安価なのが特徴と言えます。スティックは500mlの水素水を3ヶ月ほど作ることができますが、水素がすぐに抜けやすいという特徴もあるため、水素が抜けにくいボトルを選ぶなどの工夫が求められます。

まとめ

水素水

水素水は美容や健康に良いとして取り入れたいと考える人も多いですが、生成方法は色々なものがあります。また、効果を実感するためには毎日続けることが重要です。毎日続けるためには、自分に合った方法を選ぶことが効果的に取り入れられます。悩み・ライフスタイルに合わせて選んでいくようにします。水素水は現時点では、エビデンスが不足しているのが現状です。しかし、効果がないとも言い切れないため値段を気にせず、体に良さそうなものを飲みたいという場合には十分検討の余地はあります。